オークファンの株価状況と株主優待について

オークファンはオークションサイトを運営する企業ですが、株価は低迷が続いています。配当は無く、株主優待も無いという状態なので投資対象としての魅力としては値上がり狙いとなります。最近のオークファンの株価の動きを見てみると、25日移動平均線を上抜く気配を見せています。ここを抜ければとりあえずは上昇に転じると見られます。長いこと出来高も少なくなっていたので、出来高を伴う形であれば買いポジションを取るのも安心できます。ただし、その上の75日移動平均線に到達したら一旦手仕舞いが無難と考えられます。と言うのも、この上値の支持線に跳ね返されることになれば、再び下落に転じると思われるからです。現状では株主優待も無い状態ですが、75日移動平均線を抜けるようであれば株主優待も期待できるものとなります。ただし出来高を伴うことなく上昇するようであれば、注意が必要です。思惑で株価だけ吊り上げられることも考えられるからです。空売り玉を増やした状態で株価が上昇すると、後に売り注文に押されて急落するパターンもあり得るからです。オークファンは割安と見られているにも関わらず売り圧力がまだ強い状況です。ここから売りポジションを取るのは難しいという見方もあれば、当分はこの状況が続くとの見方もあります。何よりもオークションサイトとしては決してシェアは高いものではないために、上昇を期待させるだけの材料が無いことが背景にあります。企業価値をはかる要素はあくまでもビジネスモデルがどのようなものとなるかです。その点においてはまだ決定的な要素は無いことが課題となります。けれども株価は先取りするものです。その動きがこれからの業績を先取りするというわけです。

ページトップへ