株価の指標を利用してムサシを取引する

ムサシは東証ジャスダック市場に上場している新興企業で、印刷機材メーカーです。選挙機材については日本でトップレベルの水準を持つ企業です。ムサシを取引する際に、株価が安いのかどうかを把握することは必要でしょう。安いときに買って高いときに売るというのが投資の基本ですが、株価が安いのか高いのかどうかを判断するためにはどうすれば良いのでしょうか。

そのためのものとして株価指標があり証券会社のウェブサイトなどで見ることができます。指標を利用して判断するのは良い方法です。指標と言ってもいろいろなものがありますが、代表的なものとして純資産倍率があります。ムサシの純資産倍率は1倍を割れている状態になっていることも多いですから、まだまだ割安な銘柄だと考えられます。

純資産倍率とは、1株あたりの純資産に対する株価の割合を示します。ですから、1倍の時には、純資産に応じた価格で取引がなされていると考えられます。1倍を割ると、純資産よりも安い価格で取引されていることになります。ですから、割安の状態だといえるでしょう。純資産倍率を利用して売買判断をするときには、1倍を割っているかどうかを見ることは大事なことの一つだと考えられます。

ほかにも、配当金利回りなどの指標もあります。配当金利回りを利用してムサシの株価が妥当かどうかを知るためには、全体的な利回りがどれくらいあるのかを把握することは必要です。現在のところ、配当利回りの予想値は1.2%から1.3%くらいの水準に収まっています。ですから、やや低利回りと言わざるを得ないでしょう。このようにして、いろいろな指標を利用して株価の判断をすることによって、効率的に良い銘柄を見つけることができます。

ページトップへ